「座っているときにお尻がビリビリする」その症状、坐骨神経痛かも!

「座っているとお尻や片方の足に痺れるような、怠くなる感じがるんです。」

当院へ来院されているお客様からのご相談で、良く訴えられるお話です。

座っていて、お尻や片方の足に痺れ、怠さのような症状は「坐骨神経痛」の一症状です。

なぜ、痺れや重だるさのような症状が出るのか?その原因をお話します。

「座っている時にお尻がビリビリする」は坐骨神経痛の症状の1つ

座る お尻

坐骨神経痛の症状は多岐にわたります。

  • お尻から「ビリっ」とするような痛み、痺れがある
  • お尻から太ももに痺れがある
  • 足が重だるくなる
  • 歩くと足が怠い、痛い
  • 座っているとお尻が痛くなる

お尻にかかる位置が一人一人異なるので、症状も個人によって異なります。

坐骨神経痛の原因とは?

坐骨神経は梨状筋で圧迫される

「座っているときにお尻がビリビリ」原因は、骨盤の傾きです。

骨盤が本来の位置から傾くと、常に一部の神経や血管を圧迫します。

  • 骨盤が通常より、前側に傾いている(反り腰の人)
  • 座る姿勢が多い
  • 長時間、同じ姿勢でいることが多い

お尻周りの神経や血管が圧迫されると、周囲の関連する組織が血流不足になり痛みを伴うのです。

治すためには?

症状を改善するには、「骨盤が前に傾ている状態」を「正常な位置に戻す」ことが必要です。

当院では以下のようにわかりやすく「坐骨神経痛が起きる理由」を説明しています。

(約3分の動画です)

動画のまとめ
  • 骨盤が前に傾くと、お尻の筋肉が坐骨神経を常に圧迫する位置になる
  • 坐骨神経痛の改善には、骨盤の位置を正常位に戻す
  • 坐骨神経が圧迫されない環境を作ると症状が改善する

まとめ

「座っている時にお尻がビリビリする」は、坐骨神経痛の症状の1つです。

坐骨神経痛の症状は個人差があります。

原因は、坐骨神経周囲にかかる長時間の圧により、血流不足、神経障害です。

改善するには、骨盤の位置を正常に戻すことで圧迫をによる症状を改善します。

 

もし、ご質問などがありましたら、下記のLINEやメールからお尋ねくだい。

↓↓↓

未病リハビリセンターハレル 飯塚店

下記の流れにそってご予約下さい。

院長:奥健太郎 『お電話ありがとうございます。未病リハビリセンターハレル飯塚店です。どのようなご用件でしょうか?』

患者様 『ホームページを見てお電話をしました!』

院長:奥健太郎 『ありがとうございます。ではご予約をお取り致しますので、お名前とご希望の日時はございますか?』

患者様 『○○と申します。希望の日時は○○月○○日の○○時が希望です。』

院長:奥健太郎 『はい!ありがとうございます。その日時でご予約をお取りしました!お気をつけてお越しください。』

営業時間外のお問い合わせはLINE@またはメールからお問い合わせ下さい。

未病リハビリセンターハレル 飯塚店 未病リハビリセンターハレル 飯塚店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA