背骨や関節の「ボキボキ鳴らす」は大丈夫なのか?

首 男性

体を動かしたとき、背骨や関節が「ボキッ」と鳴った経験はありませんか?

「ボキ」っと鳴るときは、時に

  • 同じ体制から動くと鳴る
  • 自分でワザとなる鳴らす

と様々な時に音が鳴ります。

痛みがなく、時には「鳴らした方が気持ちいい」と感じる時さえあります。

大丈夫だとは思っても、あまりにも音が大きく周囲が驚く時もありますね。

「骨や関節に異常があるのでは?」と心配になる人もいるかもしれません。

今回は、「背骨や関節をポキポキ鳴らすのは大丈夫なのか?」なぜポキッと鳴るのかなどについてお伝えしていきます。

背骨や関節が「ボキボキ鳴る」理由とは

首 女性

骨や関節が「ボキボキ鳴る」のは、動作の中で関節の一部が動いた拍子に良く耳にします。

人によっては、「ボキボキっと鳴らされると気持ちい」と感じる人もいますね。

ストレッチをする際に、背骨から「ボキボキ」っと音がなりますが、痛みがなければ大丈夫です。

しかし、故意に関節を鳴らしずつけるのは、あまり良いことでありません。

骨自体が「ボキボキ」鳴るのではない

背骨

背骨や関節がポキポキ鳴ると、「骨自体が音を出している」と思う人も多いですが、実はそうではありません。

関節から「ポキ」と音が鳴るのは、「クラッキング」という現象です。

関節の中を覆う、「関節包」と呼ばれる袋があります。

その袋の中に「滑液」という液体が入っており、関節の曲げ伸ばし、衝撃を吸収するなどの役割を担っています。

滑液の中には、たんぱく質やヒアルロン酸などの成分が含まれているのですが、関節が圧迫を受けると成分達が一気に圧縮されます。

さらに圧縮された成分は、気泡となり弾けます。

この弾けた時に、発生する音が「関節がボキっと鳴る」の正体なのです。

わざと「ボキボキ」ならすのは、危険な行為

「関節をボキボキ鳴らすと気持ちい」という人がいますが、故意に鳴らさない方がいいでしょう。

関節の負担がかかった時に、音が鳴るので、これが繰り返されると「関節自体が太くなる要因にもなる」と言われています。

絶対に避けてほしい「首のバキッ」とするクセ

首 男性2

関節を音を鳴らすの避けてほしいのが首です。

首の関節は、小さな関節でありながら、ボーリングの玉ほどの重さである頭と、体をつなぎ合わせる重要な役割を担っています。

首には、脳に血液を送る「椎骨動脈」や神経が通っています。

首の関節にストレスが繰り返されると、首の骨が変形し、神経を圧迫することもあるのです。

まとめ

背骨や関節を「ボキボキ鳴らす」のは痛みがなければ、大きな害はありません。

しかし、故意に何度も繰り返すと先の未来に関節の変形の要因になることもあります。

「関節の音を鳴らす」では、ストレッチのような体に負担が少ない方法をやってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA